台の上にしゃがんでいた若者は、こね台でチャパティを作っていた

チャパティを伸ばす男
インドのマルダで撮影
関連する写真

マルダの道端で見つけた小さな小屋は粗末な食堂だった。中では若い男が働いていた。目の前に木製のこね台があって、男は生地をこねながらチャパティを作っている最中だった。向こう側にはこれから伸ばす生地が沢山転がっている。そして、広げたチャパティを焼くためのフライパンもすでに用意されている。料理に必要なものは全て手の届く範囲に揃えられていた。

奇妙なことに、若い男は裸足になった上で台の上にしゃがみながら作業していた。その体勢では作業をしづらいような気がするけれど、男の笑顔にはその気配は感じられなかった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2012年6月 インド 人びと
料理人 食べ物 マルダ レストラン 笑顔
マルダで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6560

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年06月25日

更新日

2020年08月12日

撮影場所

マルダ / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

マルダってどこ?

PREV & NEXT