月曜日はモナスの閉館日

遠くにそびえるモナス
インドネシアのジャカルタにあるモナスで撮影 オザワテツ

フェンスの向こうの方には空に向かって伸びるモナスが見えた

トランスジャカルタのバスに乗って向かったのはモナスと呼ばれるモニュメントだった。モナスはジャカルタに立つ高さ137メートルのひょろっとした塔だ。インドネシアの独立を記念して建てられたもので、塔の上部は展望台になっている。

バスを降りたのはモナスの立つムルデカ広場のすぐ横にあるバス停だった。道路を渡ればすぐに広場だ。でもそれが罠だった。簡単に広場の中に入れて、モナスを目指して進んでいけるかと思いきや、それがなかなか難しい。広場は背の高いフェンスに囲まれていて、モナスを目指すどころか、広場自体に入れない。入り口が見当たらないのだ。

仕方が無いので、フェンスに沿ってウロウロと歩いていた。広場という名前から自由に出入りできるものを思い浮かべていたのが浅はかだった。改めて地図と睨めっこすると、どうやら入り口は正方形の形をした広場の四隅にしかないようだ。そして、僕がバスを降りたのは1キロくらいある西側の辺の真ん中辺りだった。道理で入り口が見当たらない訳だ。

しばらく歩いていると、遂に入り口にやって来た。まっすぐに広場の中を伸びる道の先にモナスがそびえている。僕は屹立しているモナスにいそいそと向かおうとしていた。すると、警備をしていた軍人が声を掛けてきた。「今日は閉館日だよ。」入り口はしっかりと閉じられていて、結局モナスには辿り着けなかったのだった。

EN

モナスとは

モナスモナス/MONAS(モナス塔インドネシア語:TuguMonasトゥグ・モナス)は、インドネシアの首都ジャカルタの中央ジャカルタ地区にある公園「Merdeka広場(独立広場)」の中心にそびえ立つ国家独立記念塔の名称である。モナス/MONASは「MonumenNasional(日本語:国家記念碑)」の略語である。内部にはレベーターが1基設置され、炎のレリーフの下部にある展望台に昇る事ができ、この展望台よりジャカルタ市内を眺望することができる。また底部の内部はインドネシアの歴史博物館になっている。たいまつやろうそくのように見える塔の外装は白い大理石製で、...

ジャカルタにあるモナスってどこ?

PHOTO DATA

No

11597

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年07月09日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ