聖人の像は静かに立っていた

日本二十六聖人記念碑
長崎で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

写真は日本二十六聖人の像。26人の像は壁の中で整列していた。日本二十六聖人とは豊臣秀吉の命令によって長崎で処刑された26人のカトリック信徒のこと。4人のスペイン人、1人のメキシコ人、1人のポルトガル人を含む26人のキリスト教徒は捕らえられて、ここ長崎で処刑されたのだった。ほとんどの人は大阪や京都で捕らえられた後、わざわざ長崎まで連れてこられてようだ。それだけ、秀吉はキリスト教勢力とその背後にいるスペインとポルトガルを恐れていたのだろう。

この処刑は権力者の命によって執行された最初のもののようだ。このような事件を経て、キリスト教たちは地下に潜り隠れキリシタンになっていったのだろう。殉教した26人は1862年にローマンカトリックによって聖人に列せられている。

ENGLISH
2007年5月 長崎 静物
モニュメント 長崎市

長崎にある日本二十六聖人記念館ってどこ?

PHOTO DATA

No

911

撮影年月

2007年3月

投稿日

2007年05月20日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

長崎市 / 長崎

ジャンル

静物写真

カメラ

CANON EOS 1V

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ