棒手振りしていた男

ジャカルタで棒手振りしていた男
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

帽子をかぶった男はジャカルタの住宅街の中で天秤棒を担いでいた

東南アジアを旅して時折目にするもので、日本ではあまり見かけないものひとつに天秤棒がある。棒の両端にカゴなどの容器をぶら下げて、物を運搬する道具で、バランスを取りながら支点のところで担ぐものだ。

日本でもかつては大勢の人が天秤棒を担いで商売をしていたのだという。今では全く見かけないけど。店を構えるために必要な権利金も必要ないため、簡単に商売を始められたのだそうだ。歌川広重の「東海道五拾三次 日本橋 朝の景」という浮世絵にも天秤棒を担いだ大勢の棒手振りの姿が描かれているし、葛飾北斎の「新板大道図彙・小田原町」にも描かれている。江戸時代にはあちらにもこちらにも天秤棒を担いで商売をしていた人がいたようだ。

そこでジャカルタで会った天秤棒を担いだ棒手振りだ。ジャカルタの町中を歩いていると、移動式の屋台で商売している人と同じくらい天秤棒を担いでいる人を見かける。写真の男もそのひとりだった。男は天秤棒を担いで住宅街の中で売り歩いていた。その身なりは21世紀の格好をしているけれど、天秤棒自体は浮世絵に描かれているものと同じようなものだろう。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11678

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年09月24日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ