小さな集落にいた男

玄関先に腰を下ろした男
ミャンマーのタニンで撮影 オザワテツ

男は玄関先に腰掛けていた

線路を越えてオークポースーという鉄道駅の近くにある集落の中に足を踏み入れた。細い小径が伸びていて、両脇には小さな家々が建っている。長閑な雰囲気が漂うばかりで集落の中の小径を歩いている人は誰もいない。地元の人びとも集落の中にいるのだろうけれど、家の中でのんびりしているようだ。僕は家の中に人の気配を感じながら、とぼとぼと誰もいない小径を進んでいく。

とある家の前にやって来ると、男と視線が合った。上半身裸になった男が玄関先に腰を下ろしていたのだ。縁側にはボウルが置かれていて、男は中に手を突っ込んでいる。何をしていたのだろう。男は僕の姿を認めると、動かしていた手を止めて真っ直ぐに僕を眺めている。ここはタニンの中でも町外れに位置していて、観光地らしさは微塵もない。そのような観光名所でもなんでもない集落の中をカメラを持った外国人が歩いている理由は何なのか思いを巡らせているようだ。残念ながら、理由は特に無い。気の向くままにやって来ただけなのだ。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

オークポースー駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

11031

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年05月29日

撮影場所

タニン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ