路地に出ていた屋台で刺青を入れた男がお箸でかき混ぜていた

刺青の入れた男が働いていた屋台
刺青の入れた男が働いていた屋台
似たような写真

ほとんどの国でチャイナタウンは塀や堀で囲まれているわけではないので、どこからどこまでがチャイナタウンなのか明確ではない。牌楼が設けられるような大きな通りだとわかりやすいものの、それ以外の場所だとどこまでがチャイナタウンなのかは判然としないことが多い。

バンコクにあるチャイナタウンもそう。歩いていていても、そこがチャイナタウンの中なのか外なのかはよくわからない。さっきまで明らかにチャイナタウンを歩いていたはずだったのが、気がつくと周囲はチャイナタウンではないような雰囲気に変わっていた。漢字で書かれた看板も見当たらない。道端に屋台が出ていて、普通の住宅街のようだ。

屋台に近づくと、客がテーブルに就いて食事をしていて、店員たちが忙しそうに働いていた。腕に大きな刺青を入れた男も真面目な顔で箸を持って、ボウルの中をかき混ぜていた。箸を使っているところを見ると、この場所もチャイナタウンの一角なのかもしれない。

タイでは食事の際にお箸が出てくることも多いけれど、基本的にお箸は中国文化のカトラリーだ。そのため出てこないこともある。いつも不思議に思うのだけれど、お箸が無いときに出てくるのはフォークとスプーンだ。フォークとナイフではない。スプーンでどうやって料理を切ればいいのか悩んでしまうけれど、スプーンで切るのがマナーらしい。ちなみにスプーンは右手で持つのが正しい作法だそうだ。

 でコメントする
ENGLISH
2020年1月 町角 タイ
バンコク ボウル 中華街 お箸 食べ物の屋台 刺青

PHOTO DATA

No

11346

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年01月06日

更新日

2023年09月19日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT