刺青の男が働いていた屋台

刺青の入れた男が働いていた屋台
タイのバンコクにあるチャイナタウンで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

路地に出ていた屋台で刺青を入れた男が働いていた

ほとんどの国でチャイナタウンは塀や堀で囲まれているわけではないので、どこからどこまでがチャイナタウンなのか明確ではない。牌楼が設けられるような大きな通りだとわかりやすいものの、それ以外の場所だとどこまでがチャイナタウンなのかは判然としないのだ。

バンコクにあるチャイナタウンもそう。大通り以外を歩いていると、そこがチャイナタウンの中なのか外なのかはよくわからない。さっきまでは明らかにチャイナタウンの中を歩いていたはずだったのが、気がつくと周囲はチャイナタウンではないような雰囲気に変わっていた。漢字で書かれた看板も見当たらない。道端には屋台が出ていて、ごく普通の住宅街のようだ。

市当局は路上の屋台の存在を快く思っていないようだけれど、バンコク市内にはあちらこちらに屋台が出ている。これだけ存在している屋台が一掃されてしまったら、市民たちはどうやって胃袋を満たせば良いのか途方に暮れるに違いない。当局はその解決策を考えているのだろうか。

道端に出ていた屋台に近づくと、客がテーブルに就いて食事をしていて、店員たちが忙しそうに働いていた。腕に大きな刺青を入れた男も真面目な顔で働いていた。を持ってボウルの中をかき混ぜている。箸を使っているところを見ると、この場所もチャイナタウンの一角なのかもしれない。

タイでは食事の際にお箸が出てくることも多いけれど、基本的にお箸は中国文化のカトラリーだから出てこないこともある。いつも不思議に思うのだけれど、お箸が無いときに出てくるのはフォークとスプーンだ。フォークとナイフではない。なんだよ、スプーンでは料理を切れないではないかと思うけれど、スプーンで切るのがマナーらしい。ちなみにスプーンは右手で持つのが正しい作法だそうな。

ENGLISH
2020年1月 町角 タイ
バンコク 中華街 お箸 食べ物の屋台 刺青

バンコクにあるチャイナタウンってどこ?

PHOTO DATA

No

11346

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年01月06日

更新日

2021年10月05日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ