露天市の僧侶

托鉢の鉢を抱えて歩く僧侶たち
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

僧侶たちは托鉢の鉢を抱えて歩いていた

ホテルの近くにあった露天市の中へと入っていった。道の両端には露天商が並んでいて、大勢の人が買い物に訪れている。露天市は賑わっていた。僕は働いている人びとを眺めながらのんびりと歩いていた。しばらくすると、向こうから僧侶たちが徒党を組んで歩いてくるのが見えた。どうやらこの露天市にやってくるのは買い物客ばかりではないようだ。おそらく最も位が高いと思われる年配の僧侶を先頭にして、何人かの僧侶がその後ろについている。それぞれが大きな托鉢用の鉢を抱えていた。僧侶たちは托鉢をしにここにやって来たのだ。

日本と違って、ミャンマーの仏教は上座部仏教が主流だ。上座部仏教においては、仏の教えに従い、修行を行ったものだけが成仏できるとされている。そのため、ミャンマーを始め上座部仏教が主流の国では出家する人が多い。ヤンゴンでも町を歩いていて、袈裟を纏った僧侶の姿を見かけることは珍しいことではない。そして、出家した僧侶は生産活動を行わないから、生きていくためには人びとからの施しを受けなければならないのだ。

EN

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

11068

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年06月25日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ