頭を掻く男の子

屋台で食事を摂る人びと
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

地元の人が屋台で食事をしていた

雨が止んだので、パーヤ・ラン駅を出てヤンゴン中央駅へと歩き出した。線路は繋がっているけれど、列車はいつくるのか分からない。僕は歩いて向かうことにした。ヤンゴン中央駅の近くには面白そうな住宅街がある。この国で一番大きな都市の中央駅の辺りは、商業地域ではなく普通の住宅街になっている。そう聞いた僕はそこを訪れてみることにしたのだった。

駅の近くにやってくると、食堂と屋台が並んでいた。どれもこれも昔ながらのものだ。漂っている雰囲気もはやりの繁華街のそれではなく、どこか田舎町のものだ。ヤンゴンは急速に発展しているものの、中央駅の付近は開発されておらず、時代から取り残されてしまっていた。

屋台の前に立ち止まって、屋台の様子を眺めていた。テーブルの上には幾つものボウルが並べられていて、数人が椅子に座って食事をしていた。食事時ではなかったけれど、屋台は混んでいた。そして、なぜだかは分からないけれど、写真に写っている男の子は頭を掻いていた。

EN

ヤンゴン中央駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

11084

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年07月06日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ