ヤンゴンの道端にある屋台で食事する人びと

屋台で昼食を摂る人びと
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

屋台では昼食を摂っている人たちがいた

ダウンタウンを歩いていると、あちらこちらに屋台が出ているのを目にする。他の東南アジア諸国と同じようにミャンマーでも外食するのは一般的だ。お腹が減ったらいつでも食べる場所を見つけられるし、料理も安い。旅行者にはとても優しい環境だ。

屋台の前を通りかかると、地元の人たちがちょうど昼食を摂っていた。テーブルの上にはいくつもボウルが置かれていて、中には食材が入れられている。ここにある食材を使って料理をするのだ。一番奥にあるボウルには何種類もの麺類が山盛りになっているのが見える。ミャンマーの代表的な麺類であるモヒンガーは米麺だけれど、小麦で作られた麺も多い。

タイでも同じだけれど、ミャンマーでも料理を注文すると、料理自体とは別に野菜がもられた皿を出してくれることが多い。どうやら付け合せのようだ。でも、これをどう食べていいのか判断するのは難しい。出された料理に加えて食べるのか、それともそのまま食べるのかよく分からないのだ。生の野菜をそのまま食べてもあまり美味しくないし、かといって熱々の料理の中に加えてもやはり生の野菜は生の野菜だ。このような状況に直面すると、僕もまだまだだなと実感する。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10867

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年01月20日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ