日差しも入ってこられない細い路地に大きな看板が掲げられていた

狭い路地に出ていた大きな看板
東京の大井町で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

大井町にやって来ると駅前にある大きなロータリーを囲むように大きなビルが建っていて大都会だった。僕の脳裏にしまってあった大井町とは別の町のようだ。それでもどこにでもあるような面白味に欠ける駅前から、ちょっと道を逸れると細い路地が残っていて安心する。路地を歩くのが好きな人間にとっては、自動車も通れないような細い路地が本当の大井町の顔で、整備された駅前は何かのカモフラージュではないかと思いたくなってしまう。

駅の近くにある路地に惹きつけられるのは僕だけではなく、多くの人が路地を歩いていた。ここには人気の飲食店もあって、グルメ好きが吸い込まれてくるのだ。もちろんここは太陽も差し込まないような路地。あるのは高級なレストランではなく、B級グルメのお店だ。

路地を進んでいくと、大きな看板が掲げられていた。狭い路地を塞いでしまうのではないかと思ってしまうくらい大きな看板で、歩く人の視界に嫌でも入ってしまうサイズだ。安くてうまいとしか書かれていない看板からは、B級グルメの匂いが放たれていた。何を出すお店なのかはわからないけれど、美味しいものにありつけそうな雰囲気だった。

ENGLISH
2021年11月 町角 東京
路地 大井町 看板

大井町ってどこ?

PHOTO DATA

No

12100

撮影年月

2021年7月

投稿日

2021年11月24日

撮影場所

大井町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ