パサール・バルにいたぼんやりとした若者

屋台の横でぼんやりとしていた若者
インドネシアのジャカルタにあるサワー・ブサル地区で撮影 オザワテツ

賑わった道端で若者はひとりぼんやりとしていた

歩いていたジャカルタにあるパサール・バルという商店街も終わりに近づいていた。通りの終わりには、大きなショッピングモールが建っていて、通りの両脇には屋台が並んでいた。賑わっていた。

衣料品を売る屋台に並んで、食べ物を売る屋台もいくつも出ていた。どこの国でも、市場と食べ物は切ってもきれない関係にある。買い物すると誰だってお腹が減るのだろう。ここインドネシアでもそうだ。大勢の人が道端に腰を下ろして腹ごしらえをしていた。

その中に若い男の姿もあった。その他大勢の人がモリモリと食べている脇で、ボンヤリと視点の定まらない顔をしていた。心ここにあらずといった感じだ。

傍目に見ている僕には、この若い男が買い物に疲れてしまったのか、はたまた何を買うのか思案しているのかは判然としない。ひょとしてら、なかなか決まらない恋人の買い物にウンザリしていたのかもしれない。それは聞いてみないと分からないことだった。ただ、この男が人混みの中でボンヤリしていたことだけは確かだ。

EN

ジャカルタにあるパサール・バルってどこ?

PHOTO DATA

No

11622

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年07月30日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ