グロドックにいた靴の修理屋

グロドックの路地にいた靴の修理屋
インドネシアのジャカルタにあるグロドックで撮影 オザワテツ

路地の壁際には靴の修理屋が腰掛けていて、サンダルを修理している最中だった

ジャカルタにあるグロドック地区の路地を歩いていると、壁際に帽子をかぶった年配の男が腰を下ろしていた。東南アジアの町を歩いていると、意味もなく道端に腰を下ろしている人が多いので、この人もその類いかと思いきやそうではなかった。男は膝の上に載せたサンダルに黙々と針を通していた。男は道端で働く靴の修理屋だったのだった。

僕が目の前に足を止めたのが視界に入ったのだろう。男はしばし手を止めて、ちらっと顔を上げた。でも、特に面白いものがある訳でもないので、すぐに仕事に戻っていった。どこの誰とも分からない外国人の相手をするよりも、目の前にある仕事の方が大切なのはよく分かる。

このような壊れたサンダルを修理して再び履く習慣が残っているというのは、単にインドネシアの人が物を大切に扱うという清く正しい話では終わらない。新しいものを購入した方が、人が修理作業をするよりもずっと高く付くことを示している。つまり、人間の賃金が低いからそのような商売を行う余地があるのだ。インドネシアの2017年における1人当たり名目GDPは3,876米ドルで世界115位だ。確かにお世辞にも高いとは言えない金額だった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタのグロドックってどこ?

PHOTO DATA

No

11554

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年06月05日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ