キオスクの中で寝る男

道端のキオスクで寝ていた帽子の男
インドネシアのジャカルタで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

帽子をかぶった男が道端のキオスクで寝ていた

ジャカルタの大通りを歩いていた。この大都市には東京に負けるとも劣らずコンビニがアチラコチラにあるのだけれど、この大通り沿いには見当たらなかった。その代わりに昔ながらのキオスクが道端で営業をしていた。写真の小さなブースもそうだ。

棚の上にはタバコの箱が積まれていて、前に置かれたカゴの中には水のペットボトルが見える。言ってみれば、一坪サイズのコンビニだ。大資本のコンビニが周囲にないから、このようなお店がやっていける余地が残っているのだろう。もし近くに大資本のお店が出店したら、このような小規模なキオスクは太刀打ちできない。なにせ、コンビニでは当たり前のように売っている温かい食べ物も冷たい飲み物も提供することは難しいのだから。

帽子をかぶったキオスクの店主は、そんなキオスクの中で寝ていた。頭を垂れてじっとしたままだった。喉が渇いていたから、ちょっとペットボトルの水でも買おうと思ったのだけれど、僕が目の前に立っても男は起きる様子はなかった。せっかくの午睡を邪魔するのもなんだから、僕は写真だけを撮ると何も買わずに道を進んでいったのだった。

ENGLISH
2020年8月 インドネシア 人びと
帽子 ジャカルタ キオスク 男性 昼寝 睡眠

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11628

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年08月05日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国外で撮影した写真とエッセイ

被写体別のカテゴリ