狛犬は大きく目を見開いていた

保安宮の狛犬
台湾の台北にある保安宮で撮影
関連する写真

寺院の入口の横には大きな狛犬が置かれていた。日本の狛犬と同じ意味合いがあるのだろう。とすると、これは境内に邪悪なものが入ってこないように置かれているのだ。それにしては、ちょっと頼りない。

狛犬は大きく目を見開いていて、口もまた大きく開けている。目にしているものに驚いているかのようだ。境内を護っているには、可愛らしい仕草をしている。ちょっと見た感じでは、与えられた任務をちゃんと遂行できていないのではないかと心配になってしまう。少しは冷静になる必要があるのではないかと思ってしまう狛犬だった。

ENGLISH
2007年4月 静物 台湾
人影 狛犬 台北 寺院
台北で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

833

撮影年月

2007年1月

投稿日

2007年04月09日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

台北にある保安宮ってどこ?

Prev & Next