手水舎には幾つかの柄杓が置かれていた

荏原神社の柄杓
東京の品川にある荏原神社で撮影
関連する写真

この神社は小さかった。でも縁起によると、その歴史は古い。創建は709年まで遡るようだ。さらには東京遷都の際などには、明治天皇もこの神社に行幸されたことがあるくらいに格式が高いらしい。でも、今ではそんな格式張った雰囲気は無く、住宅街の中に静かに佇んでいた。

境内のには手水舎があって柄杓が並んでいた。手入れが行き届いていて柄杓も新しいように見える。神道に限らず、イスラム教などの他の宗教でも水には清める力が信じられているというのは、何か人類共通の記憶が関係しているのだろうか。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2015年8月 静物 東京
お玉 品川 神社 水場
品川で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9450

撮影年月

2015年8月

投稿日

2015年08月28日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

品川 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

荏原神社ってどこ?

PREV & NEXT