焼きそばの屋台で働く男

焼きそばの屋台で働く男
インドのマルダで撮影 オザワテツ

男は料理をしながら振り向いた

屋台で働いていた男。ちょうど屋台で焼きそばを作っていた。この辺りでは焼きそばは「チョーメン」と呼ばれる。チャーハンではなくチョーメン。もちろん中国語由来だ。漢字では焼麺とでも書くのだろう。インドと中国は歴史的にそれほど緊密な関係があったというイメージはないけれど、意外にも中華料理の影響はインド料理にも及んでいるようだ。

男の向こうに見える棚の上には調味料の入った缶と沢山の卵が見える。カメラを向けると、男は忙しそうに鍋を振りながらもカメラにチラチラと視線を向けてくれた。

EN

マルダってどこ?

PHOTO DATA

No

6446

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年05月18日

撮影場所

マルダ / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM