笑顔とモヒンガー

モヒンガーを食べる男
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

男は道端に出ていたテーブルでモヒンガーという麺を食べていた

ロンジーをはいた男が小さな食堂の椅子に腰掛けていた。赤いプラスチックのテーブルの上には薬缶と器とティッシュペーパーの箱が置いてある。男はちょうどモヒンガーというミャンマーの麺類を食しているところだった。

モヒンガーはミャンマーで一般的な麺類で、どこででも食べることができる。男が食べているのを見ていたら、僕もお腹が減ってきた。

EN

モヒンガーについて

モヒンガー(ビルマ語:မုန့်ဟင်းခါး/mo̰ʷNhɪ́ŋɡá/モウンヒンガー;綴りの通りにALA-LC翻字法(英語版)でラテン文字転写するとmunʻ'haṅʻ"khā"だが、英語などではmohingaと表記)とは、ミャンマーで食べられている麺料理である。麺はライスヌードルを使用しており、スープはナマズなどの魚からとられている。ミャンマーの国民食的存在の食べ物として知られている。上にのせられる具は輪切りにしたゆで卵やバナナの芯、コリアンダーといったものである。ミャンマーの屋台において、一般的な食べ物の1つである。たいていの屋台において、朝から用意されていて、朝食...

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

4592

撮影年月

2010年3月

投稿日

2010年09月17日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR DIGITAL