TERRADA ART COMPLEXにあるギャラリーの前にコンスタンチン・グルチッチがデザインしたチェアワンが置かれていた

ギャラリーの前に置かれたチェアワン

ポツンと置かれたチェアワン

関連する写真

天王洲運河のすぐ近くに建つTERRADA ART COMPLEXには、その名の通りいくつものギャラリーが入居している。かつて倉庫だった建物をリノベーションしたギャラリーの複合体だ。ふたつある建物の各フロアにギャラリーが構えていて、ここに来るだけで幾つものギャラリーを見学できて得した気分に浸れる施設なのだ。

天井の高い各フロアを行き来するには、倉庫に荷物を出し入れするのに使っていた貨物用のエレベータに乗らなければならない。図体の大きな貨物用エレベータの動きは緩慢で、アートを堪能するには心のゆとりが必要だと言っているかのよう。

エレベータの大きな扉が開いて、足を踏み出すと無機質な共有空間の先にギャラリーが見えた。でも気になるのはその前に置かれた一脚の椅子。座り心地がいいのか判断に迷う個性的で尖った形をしている。ひょっとしたらこれもどこかのギャラリーのアート作品なのではないだろうか。そう思ったら、座ってみようと思った気持ちが一瞬にして萎んでしまった。インスタレーションなのかもしれないし、ものすごく高価なものかもしれない。いずれにしても椅子はポツンと罠のように共有空間で佇んでいた。

あとで調べてみたら、これはドイツ出身のインダストリアル・デザイナーであるコンスタンティン・グルチッチがデザインしたチェアワンという椅子でアート作品ではなかったと分かり、それなら座っておけばよかったと思ったのだった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2021年12月 静物 東京
椅子 ギャラリー 東品川

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12129

撮影年月

2021年11月

投稿日

2021年12月23日

更新日

2022年05月30日

撮影場所

東品川 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

TERRADA ART COMPLEX IIってどこ?

Prev & Next