道端で熟睡していた老婆

店先に出した椅子の上で熟睡していた老婆
インドネシアのジャカルタで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

住宅街の中にあったお店は閉まっていたけれど、店先に出ていた椅子の上では老婆が熟睡していた

ジャカルタで住宅街の中を歩いていた。あまり通行人も歩いておらず、閉まっている店も多い。道の両脇に立ち並んでいる住宅の中からも賑やかな団欒の気配が漏れ出ている訳でもなく、日曜日の住宅街は穏やかな空気が流れていた。

写真に写っているお店も他の多くのお店と同じように閉まっていた。何を売るお店なのかは分からないけれど、普段なら何か商品を並べているであろうテーブルの上には小さなテーブルが逆さまに置かれていた。どこからどう見ても店じまいしているといった雰囲気だ。テーブルの後ろに見える扉もしっかりと閉じられていた。

でも、ちょっと不思議なのは営業をしていなくとも店番の人間がその場にいることだ。いると言っても、テーブルの背後に置いた椅子の上で寝ているだけだけど。昼寝するならば。もう少し寝心地がいい場所がありそうだけれど、この女性が選んだのはお店の椅子だったのだ。硬そうな椅子の上で、女性はぐっすりと寝ていた。いつもいる場所が一番落ち着く場所なのかもしれない。

ENGLISH
2020年6月 インドネシア 人びと
椅子 ジャカルタ 昼寝 老婆 お店 睡眠 テーブル

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11578

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年06月24日

更新日

2020年09月09日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

ジャカルタで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ