童顔の男

童顔の男

童顔の男は露天商だった

タイのバンコクで撮影。

王宮エリアにある宿へと向かっていた。この場所から王宮エリアまではまだまだ距離があった。歩いたら一時間くらいだろうか。もちろん、タクシーやバンコク名物であるトゥクトゥクに乗れば、あっという間に着いてしまうことは分かっている。でも、そのような乗り物に乗ってしまうのは僕の流儀に反するのだ。訪れた町のことをよりよく知るためには、町の道という道を歩き回らなねばならないという、ある種の強迫観念が僕にはあるのだ。この時も、その強迫観念に取り憑かれていたので、ただひたすらに道を歩いていた。

歩いていると、町にあるお店や人びとの様子がよく分かる。そうこうしているうちにお腹が減ってきた。歩きながら、キョロキョロと何か小腹に入れるものを探していると、写真の男に行き会った。童顔の男は道端で串に刺したソーセージのようなものを売っていた。その美味しそうな匂いに惹かれて、迷うこと無くこの男から買うことにしたのだった。そして、ついでに写真も撮らせてもらった。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10557
撮影年月
2017年9月
投稿日
2018年05月11日
撮影地
バンコク / タイ
ジャンル
ポートレイト写真
アーカイブ
2018年5月 人々 タイ
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP