交差点の真ん中に立つベレー帽の男は交通整理をしていた

交通整理をするベレー帽の男
インドのコルカタで撮影
関連する写真

コルカタを歩いていると、交通量の多い交差点に通りかかった。右から左から、自動車やリクシャーがひっきりなしに交差点に侵入してくるものの、交差点には信号機が設置されていない。譲り合うことを知らない者同士が鉢合わせしたら、事故が起きてしまうような交差点だった。

そのため交通整理をする人間が交差点の中央に立っていた。ベレー帽をかぶった男がそれだ。信号機に代わって交通整理をする男は忙しそうだ。男の都合なんて考えること無く、自動車は交差点に入ってくる。男には休む暇なんて無いに違いない。交通整理し続けなければならないのだ。そんな男の後ろを黄色いタクシーが通り過ぎていった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2012年11月 インド 人びと
ベレー帽 交差点 コルカタ 往来
コルカタで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6968

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年11月08日

更新日

2021年11月10日

撮影場所

コルカタ / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

コルカタってどこ?

PREV & NEXT