ヤンゴンの町角には本の修理屋がいる

町角にいた本の修理屋さん
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

テーブルの上には本の修理に使う道具が置いてあるのが見えた

チャウタンの町を離れてヤンゴンへと戻ってきた。長閑なチャウタンとは違って、ヤンゴンは大都会だ。大きなビルが建ち並んでいるし、道には多くの自動車が走っている。チャウタンから乗ったタクシーはそんな都会の中を進んでいく。でも、運転手は英語が分からないし、僕は僕でビルマ語が話せない。自分のホテルがどこになるのかを説明するのは難しい。そこで、僕はスーレー・パゴダの近くで下りて歩くことにした。ここからホテルまではそう遠くない。

タクシーを降りた付近には本屋が点在していた。どうやら、この辺りは書店街のようだ。その中のひとつへと足を踏み入れる。売られているのはほとんどがビルマ語で書かれた本だった。そして、申し訳程度に英語で書かれた本が並べられている。以前に比べると、スマホの普及により町角で本を読んでいる人を見かけることが少なくなったけれど、本の虫はまだまだいるようだ。

写真の男は書店街の一角で仕事をしていた露店商だ。店は構えていないけれど、この男も本を扱っている。男は本の修理屋なのだった。古くなった本を綺麗に製本し直すのだ。テーブルの上には、ハサミや金槌などの仕事道具が置かれていた。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10996

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年05月03日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ