古本屋の店頭に古い週刊文春がいくつも並べられていた

古本屋に並べられた古い週刊文春

古本屋の店先

関連する写真

目白通りを歩いていると小さな本屋に行き当たった。チェーン店でもなく、町の小さな本屋だ。このご時世に書店を営なむのは困難極まりないに違いない。大勢の人が雑誌書籍もみなインターネット経由で買い物してしまう昨今、町の本屋は廃れていってしまう一方だ。本好きである僕にとっては少し寂しい。だからこそ、このような小さな本屋が町中で頑張っていると嬉しくなるし、応援したくもなってしまう。

本屋の店頭には週刊文春が並べられていた。どれもこれも古い週刊文春だ。値段はどれも50円。いったいどれくらい前に発売された雑誌なのだろう。気になって手に取ろうと近づくと、隙間なく並べられている週刊文春の題字が僕に迫ってくるような気がした。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2017年7月 静物 東京
本屋 漢字 雑誌 目白台

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10208

撮影年月

2016年12月

投稿日

2017年07月11日

更新日

2022年06月07日

撮影場所

目白台 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

目白台ってどこ?

Prev & Next