ニコライ堂の尖塔がシルエットになっていた

ニコライ堂のシルエット

東京の御茶ノ水で撮影

関連する写真

写真はニコライ堂のシルエット。あまり知られていないけれど、正式名称は「東京復活大聖堂」だ。ちょっと中二病の香りがする。多くの人が勘違いしているけれど、これはロシア正教の教会ではない。日本正教会の聖堂なのだった。

ニコライなんていうロシア系の名前を冠しているからややこしい。「ニコライ堂」という名前は、日本に正教会の教えをもたらしたロシア人の聖ニコライにちなむのだ。1861年にロシアから来日した聖ニコライは、日露戦争の間もずっと日本に留まり続け、日本で永眠している。ちなみに、ロシア正教の教会は目黒にある。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2005年4月 建築 東京
教会 御茶ノ水 シルエット

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

49

撮影年月

2005年3月

投稿日

2005年04月01日

更新日

2020年08月05日

撮影場所

お茶の水 / 東京

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

ニコライ堂ってどこ?

Prev & Next