猿は男の子によく懐いていた

男の子と猿

ラオスのヴィエンチャンにあるとある寺院で撮影

関連する写真

訪れては見たものの寺院には特に見るべきものはなかった。その代わり、境内を歩いているとユニークな男の子と行き会った。男の子は境内で友達と遊んでいたのだけれど、その友達は人間ではない。猿だった。男の子と猿はとても仲が良いように見える。猿は男の子に抱かれて、安心しきっている。

カメラを向けると、男の子は僕に微笑みかけてくれた。でも、猿はカメラになぞ興味を示さない。どこかを見つめたままだ。猿にカメラ目線を求めるのは、無理な注文なのかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2005年11月 ラオス 人びと
男の子 ヴィエンチャン

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

234

撮影年月

2000年8月

投稿日

2005年11月11日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

ヴィエンチャン / ラオス

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS KISS

ヴィエンチャンってどこ?

Prev & Next