職人はアイロン掛けをしていた

アイロン掛けをする男
インドのムンバイで撮影 オザワテツ

男は丁寧にアイロン掛けをしていた

アイロン掛け職人の男がちょうどアイロンを掛けていた。男の使っているアイロンには電源コードが見当たらない。どうやら電気ではなく、石炭で温めて使うようだ。この辺では、ミシンだけでなく、アイロンもまたアンプラグドらしい。

使い古されたアイロンは、それでもまだまだ使えそうに見える。構造がシンプルな機械はなかなか壊れないし、壊れたとしても修理が簡単に違いない。そんなアイロンを使っていた男は、僕の存在に気が付いているはずなのに、こちらを見ることもなく黙々と働いている。寡黙な人のようだ。もちろん、男はビシッとアイロンの掛かったワイシャツを着ていた。

EN

ムンバイってどこ?

PHOTO DATA

No

9298

撮影年月

2010年9月

投稿日

2015年06月13日

撮影場所

ムンバイ / インド

ジャンル

スナップ写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM