温泉宿には長谷川等伯の松林図屏風をモチーフとした庭園が造られていた

長谷川等伯の松林図屏風をモチーフとした庭園
石川の七尾で撮影
関連する写真

七尾市に和倉温泉という温泉がある。1200年の歴史があるとされる古い温泉だ。和倉という名前は「湧く浦」がなまったもだという。つまり湯の湧く浦(入り江)ということ。そのとおり和倉温泉では七尾湾に面して旅館が並んでいる。

僕がやって来た旅館も七尾湾に面していて、ラウンジの大きなの外にある庭越しに水面が広がっていた。手前に植えられている近景の松とその向こうに植えられている遠景の松の先に七尾湾が広がっていて対岸の能登島ははるか遠くだ。

この景色はとある日本画をモチーフに造られている。その絵とは東京国立博物館に所蔵されている長谷川等伯の松林図屏風だ。長谷川等伯はここ七尾の出身であるため、地元出身の画家の代表作を作庭のモチーフにしたのだという。

確かに松林図屏風を見ると、近景にあるとその向こうにある松が描かれていて、この庭と同じだ。しかしながら、松林図屏風には近景と遠景の松が描かれているだけなのに対し、この庭園にはも設けられているし、も見えるし、対岸には島も見える。眺めただけで松林図屏風をモチーフに作庭されたとは分からなかった。まだまだ修行が足りない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2021年11月 町角 石川
カップル ホテル 七尾

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12077

撮影年月

2021年6月

投稿日

2021年11月01日

更新日

2021年11月10日

撮影場所

七尾 / 石川

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

和倉温泉ってどこ?

PREV & NEXT