栗林公園に建つ建物の障子の向こうに松の木が見えた

栗林公園に建っていた日本家屋
香川の高松にある栗林公園で撮影
関連する写真

約75ヘクタールもある広々とした日本庭園の中に建っている家屋はやはり日本家屋だった。日本家屋というのは西洋の家屋と違って、屋根を柱で支える形になっている。いわゆる大黒柱だ。壁で屋根を支えている西洋の家とはちょっと違う。いわゆるツーバイフォーは日本の伝統的な建築工法ではないのだ。そのため、障子を開けると日本家屋はとても開放的になる。冬は寒いし、プライバシーなんてものはないけれど。

この日本家屋の中の障子も開いていて、向こう側にある松の木が見えた。

ENGLISH
2007年10月 香川 自然
庭園 家屋 高松

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

1170

撮影年月

2007年9月

投稿日

2007年10月28日

更新日

2021年10月28日

撮影場所

高松 / 香川

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

高松にある栗林公園ってどこ?

Prev & Next