日本家屋の向こうに松

日本家屋

障子の向こうに松の木が見えた

香川の高松にある栗林公園で撮影。約75ヘクタールもある広々とした日本庭園の中に建っている家屋はやはり日本家屋だった。日本家屋というのは西洋の家屋と違って、屋根を柱で支える形になっている。いわゆる大黒柱だ。壁で屋根を支えている西洋の家とはちょっと違う。いわゆるツーバイフォーは日本の伝統的な建築工法ではないのだ。そのため、障子を開けると日本家屋はとても開放的になる。冬は寒いし、プライバシーなんてものはないけれど。

この日本家屋の中の障子も開いていて、向こう側にある松の木が見えた。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
1170
撮影年月
2007年9月
投稿日
2007年10月28日
撮影地
高松 / 香川
ジャンル
建築写真
アーカイブ
2007年10月 香川 自然
使用カメラ
CANON EOS 1V
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP