ちょうど何かを揚げていた

揚げ物をする若者
インドのマルダで撮影
関連する写真

青年が道端の屋台で黙々と働いていた。前には鍋だとかボウルが置かれていて、煌々と太陽が照りつける中で、青年は揚げものを作り続けているのだった。使っている燃料は練炭のようだ。強い火力を求めるなら炭が一番なのだろう。ボウルの中には食材が入っているのが見える。そして、青年はかき混ぜていた。

何を作っているのかはよく分からなかったのだけれど、おそらくはサモサだろう。インド亜大陸ではポピュラーな軽食だ。町を歩いていると、そこら中にサモサを売っている屋台を目にするのだった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2012年4月 インド 人びと
ボウル 食べ物の屋台 揚げ物 マルダ 深鍋 笑顔
マルダで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6362

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年04月20日

更新日

2020年01月17日

撮影場所

マルダ / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

マルダってどこ?

PREV & NEXT