「ルアンパバーン」がタグ付けされている写真とエッセイ (1/6)

ルアンパバーンは、「王室の仏像」を意味するラオスの北中央部に位置する都市で、58の隣接する村々から構成され、そのうち33の村がユネスコの世界遺産であるルアンパバーンの町を構成している。1995年には、19世紀から20世紀にかけてのフランスの植民地時代の影響を含む数世紀にわたる農村と都市の発展が融合した、ユニークで「著しく」保存状態の良い建築、宗教、文化遺産として登録されている。