年配の古銭商

パサール・バルで古銭を路上販売していた老人
インドネシアのジャカルタにあるサワー・ブサル地区で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

パサール・バル通りで露店を開いていた老人は古銭を売っていた

行き止まりになっていた路地を引き返し、またパサール・バル通りへと戻った。ここはジャカルタにある昔からの商店街だ。そこそこ広い通りの両脇にはお店がずらっと並んでいる。

見ていると靴やら服やらが店頭に並べている店が多い。どちらも今の僕には必要のないものだと思いながら、店頭のディスプレイを横目に見ながら通りを進んでいく。すると、とあるお店の横におじいさんが椅子に腰掛けているのに気がついた。横には小さなテーブルが置かれている。おじいさんは露天商だった。

テーブルの上にはコインとお札がいくつも置かれていた。おじいさんは古銭を売っていたのだ。ハヤム・ウルク通りでも古いコインを扱う露天商が出ていたから、ジャカルタには古いコインを売りたい人と買いたい人がそこそこいるのだろう。僕が日本人だと分かると、おじいさんはいそいそと古いお札の中から、数枚のお札を指し示して買えと言う。日本の軍票だった。第二次世界大戦末期、インドネシアは日本の統治下にあって、当時日本軍は軍票を発行していたらしい。

発行当時の価値がどれくらいだったかは分からない。でも、日本はすぐに敗戦し、オランダとの独立戦争に突入したインドネシアでお札として機能していたとは考えづらい。数年で紙屑になってしまったのではなかろうか。物品と販売して代金として軍票を受け取った人は大損してしまったに違いない。

ENGLISH
2020年7月 インドネシア 人びと
ジャカルタ お金 老人 露天商

ジャカルタにあるパサール・バルってどこ?

PHOTO DATA

No

11620

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年07月28日

更新日

2020年11月16日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

動物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

ジャカルタで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ