店先には肉屋の男がまな板の横に腰を下ろしていて、インドルピーのお札を手にしていた

お札を手にする肉屋
インドのベルハンポルで撮影
関連する写真

髭を生やした若い男は肉屋だった。自分の店の店先に腰を下ろしている。傍らには丸太で作られた俎板が置いてあって、その上には肉の塊が見える。床には肉の断片が転がっている。あまり綺麗なお店ではなかった。

このお店には冷蔵設備はないから、今日捌いた肉は今日中に売り切らなければならない。けれども、俎板の上にはまだ売られていない肉の塊が見える。男が浮かない顔をしているのはそのためなのかもしれない。ちょうど肉を売った直後で、手にはお札が握られているのだけれど、男はあまり楽しそうではなかった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2011年12月 インド 人びと
ベルハンポル 肉屋 俎板 お金 無精髭
ベルハンポルで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

5999

撮影年月

2011年7月

投稿日

2011年12月17日

更新日

2020年05月26日

撮影場所

ベルハンポル / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

ベルハンポルってどこ?

PREV & NEXT