寺院近くの道路脇に置かれた台車に冥銭の束が積まれていた

冥銭の束
ワゴンに積まれた冥銭の束
関連する写真

道路脇に置かれたワゴンに黄色い紙の束が積まれていた。この束はあの世で使うお金である冥銭で、中国文化では死者の祭祀や鬼神への祈願の際に燃やすと煙になって冥界に届くと信じられているもの。台湾でも寺院を訪れると、多くの冥銭が奉納され燃やされているのを目にするくらい一般的だ。

側面には「福」の漢字が赤で書かれていた。これを使うことになる故人が幸福であるようにという願いが込められているのだろう。お金が無くて困ることはあっても、お金があって困ることはあまりないのは、残念ながら現世だけでなく死後の世界でも同じようだ。金運のない僕にはあまりうれしくない情報だ。せめてもの救いは、あの世で使えるお金が現世で使っているお金とは違う種類であることであろうか。現世でお金をどれだけ持っているかとは関係がないことを望むばかりだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2017年5月 静物 台湾
漢字 お金 台南 ワゴン 黄色
台南で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10134

撮影年月

2016年9月

投稿日

2017年05月07日

更新日

2022年11月08日

撮影場所

台南 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

台南にある中西区ってどこ?

PREV & NEXT