恰幅のいい男にカメラを向けると鋭い視線が返ってきた

恰幅のいい男の鋭い視線
鋭い視線を投げかける恰幅のいい男
関連する写真

プネーを歩いていると、恰幅のいい男と行き合った。僕は日本人男性の平均身長よりも少し低い。そのため、大抵にインド人は僕よりも背が高くて、向かい合うと僕を見下ろす形になる。この男性もそうだった。

野球帽を被った男の視線は鋭い。忙しかった様で、見知らぬ外国人の相手をしているような暇な無いようだ。写真を撮り終えると、男はすぐさま仕事に戻っていった。どうやら鋭い視線の理由は身長の差だけはなかったようだ。僕は男にとって単なる邪魔者でもあったのだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2011年12月 インド 人びと
帽子 男性 プネー 鋭い表情
プネーで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6036

撮影年月

2010年9月

投稿日

2011年12月30日

更新日

2022年02月27日

撮影場所

プネー / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

プネーってどこ?

PREV & NEXT