中国寺院の境内に置かれた細長く伸びたテーブルに大量のお供え物が並べれられていた

ワット・マンコン・カマラワートで大量に並べられたお供え物
タイのバンコクにあるワット・マンコン・カマラワートという仏教寺院で撮影
関連する写真

バンコクチャイナタウンに建つワット・マンコン・カマラワートという仏教寺院の境内にテントが張られていて、下に置かれたテーブルの上はお供え物でいっぱいになっていた。

大量に並べられたお供え物を眺めている間も参拝客が次から次へとやって来て、テーブルの上にお供え物を置いていく。現在進行形でお供え物は増えていた。カメラを構えている最中にも女性の参拝客がやって来て、お供え物をテーブルの上に加えて去っていった。

どうやら2016年に亡くなった前国王の追悼セレモニーが行われていたようだ。1871年に建てられたこの寺院をワット・マンコン・カマラワートと名付けたのは追悼セレモニーが行われているラーマ9世からさかのぼって4代前のラーマ5世だ。

タイでは歴代の国王が仏教寺院を建立して庇護してきた。王宮の中にも王室の守護寺院としてワット・プラケオが建立されているくらいだ。そのためこの寺院が中国系であっても同じように庇護を受けたのだろう。仏教寺院と国家権力との関係は思いの外深いのだ。

ENGLISH
2018年2月 町角 タイ
バンコク お供え物 寺院 参拝客
バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10448

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年02月15日

更新日

2021年09月29日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

ワット・マンコン・カマラワートってどこ?

Prev & Next