スワヤンブナートの片隅で男がお供え物を地面に広げて儀式のようなことをしていた

境内で儀式を行う男
ネパールのカトマンズにあるスワヤンブナートで撮影
関連する写真

スワヤンブナートというネパール仏教の寺院の一角に、地面に様々なものを広げている男がいた。一見するとピクニックでもやっているような雰囲気だ。でも、おとこはひとりピクニックをしていた訳ではない。男は何やら儀式のようなことをしていたのだ。

男はひとりでホーマという儀式を行っていたようだ。地面に並べられていたのはお供え物で、祭壇の前に腰を下ろしてなにやら喋っている。仏教だけにお経でも唱えていたのだろう。男は過去を感謝しているのだろうか、それとも未来を祈っているのだろうか。

ちなみに、このホーマというサンスクリット語が日本には護摩として伝わってきている。やはり日本でも火の中に供物を投じたり、火の前で読経していたりする儀式として密教系の宗派で行われている。

ENGLISH
2009年11月 ネパール 人びと
仏教 儀式 お供え物 スワヤンブナート 寺院
スワヤンブナートで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

3381

撮影年月

2009年6月

投稿日

2009年11月15日

更新日

2020年09月21日

撮影場所

スワヤンブナート / ネパール

ジャンル

スナップ写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

スワヤンブナートってどこ?

Prev & Next