シュエモードー・パゴダでお供え物を売る男

お供え物を売る男とふたりの女性
ミャンマーのバゴーにあるシュエモードー・パゴダで撮影 オザワテツ

男とふたりの女性が門前でお供え物を売っていた

シュエモードー・パゴダは小高い丘の上に立てられているので、境内への入り口は丘の麓に設けられていた。そこからは門の向こうに仏塔はおろか、お堂のひとつも見ることはできない。それに門のところに英語で書かれた看板のようなものない、入り口の上部には何かが書かれているものの、ビルマ文字でしか書かれていないので、知らなければここがパゴダの入り口だと外国人旅行者が標識だけから判断するのはハードルが高い。その一方で、入り口には人びとが屯しているので、パゴダの入り口だということは難しくても、ここが何か普通の場所ではないことは比較的簡単に分かるかもしれない。

入り口で屯していた人びとは、みな手に大きな花を持っていた。これらの花は境内でお供えするための花だ。つまり、屯している人びとは花売りなのだ。日本では神社仏閣を訪れた際にお賽銭をあげることはあっても、花を供えることはあまりないだろう。ミャンマーの寺院でもお賽銭のような箱は置かれている。でも、ミャンマーの人びとはお賽銭をあげるよりも、花を供えることが多いようだ。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

シュエモードー・パゴダってどこ?

PHOTO DATA

No

11127

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年08月03日

撮影場所

バゴー / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ