提灯と男と男の子

提灯の付いた長い竿を抱える男
東京の町屋で撮影 オザワテツ

年配の男が提灯の付いた長い棹を抱えていた

車道には大勢の人が出ていた。今日は祭りだ。法被を纏った地元の人たちで道は賑わっている。人びとは神輿と一緒に町家の町を練り歩いていたのだった。掛け声を掛けながら神輿を担いでいる人の直ぐ側には長い棹を持って歩いている人がいる。長い棹の先には町名などが書かれた提灯が付いている。このような提灯は高張提灯というらしい。これを抱えて歩くのは、結構難儀そうだ。

写真の年配の男もそのような高張提灯を抱えながら歩いていた。ふと立ち止まった男は笑っている。幼い男の子に何か話しかけられたようだ。笑顔で会話しているふたりは、とても微笑ましかった。

EN

町屋ってどこ?

PHOTO DATA

No

10304

撮影年月

2017年5月

投稿日

2017年10月07日

撮影場所

町屋 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

EF135MM F2L USM

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ