境内のお稲荷さん

稲荷神社
東京にある西新井大師で撮影 オザワテツ

境内には小さなお稲荷さんが鎮座していた

ここは真言宗の寺院だ。でも境内には小さな稲荷がある。幟が立ち並んでいる階段の上に、小さな社殿があるのが見える。神仏習合時代の名残なのだろう。

明治維新になるまで、日本人は仏教だとか、神道だとかを厳密に考えて来なかったのだと思う。日本人にとって、神様は神様でしかなく、どこにでもいるものなのだ。この感覚はやはり多神教のヒンドゥー教徒には理解できるかもしれないけれど、キリスト教徒やイスラム教徒には難しいかもしれない。そして、日本人が中東問題に疎い理由もここにあるのだと思う。

EN

西新井大師ってどこ?

PHOTO DATA

No

213

撮影年月

2005年9月

投稿日

2005年10月21日

撮影場所

西新井 / 東京

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ