どれにも瞳が入れられていなかった

店頭の達磨
東京の西新井で撮影
関連する写真

西新井大師近くのお店では達磨が売られていた。店頭には大量の達磨が陳列されている。当たり前だけれど、その全ての瞳がまだ書き入れられていなかった。まだこれらの達磨に願掛けをしている人はいないのだ。

達磨はもともとはインド人の仏教僧侶らしい。5世紀後半から6世紀前半に実在したとされるらしいが、真偽は定かではない。面壁九年の座禅によって手足が腐ってしまったという伝説がもとになって、手足のない人形になってるらしい。それはそれとして、これだけ瞳がない人形が並んでいるとちょっと怖い。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2005年10月 静物 東京
人形 西新井

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

211

撮影年月

2005年9月

投稿日

2005年10月19日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

西新井 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

CANON EOS 1V

西新井大師ってどこ?

PREV & NEXT