碁盤の目に窓

沢山の窓があるホテルの壁
東京の西新宿で撮影 オザワテツ

規則的に窓が並んでいた

ホテルの壁には一面に窓が並んでいた。碁盤の目になっている壁の升目に窓が設けられている。まるで、細胞の核のようだった。

ほとんどの窓にはカーテンが掛かっているのだけれど、中には掛っていない窓も見える。中が見えそうな気もするのだけれど、幸か不幸か僕の立っているところからは内部を窺い知ることは出来ない。この場所から眺めていても、アルフレッド・ヒッチコック監督作品の「裏窓」のような状況に陥ることは無いのだった。

EN

新宿ってどこ?

PHOTO DATA

No

9637

撮影年月

2006年2月

投稿日

2016年02月02日

撮影場所

新宿 / 東京

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V