住宅街の中のフルーツの屋台

住宅街の中のフルーツの屋台
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

住宅街の一角にフルーツの屋台が出ていた

ジャカルタで住宅街の中をウロウロしていると、フルーツの屋台を見つけた。住宅街の中に屋台を出ているのは幾つも目にしてきたけれど、軽食を出す屋台ばかりでフルーツを扱っている屋台はあまり見かけないような気がする。

南国であるインドネシアでは、青果店で様々な種類のフルーツが売られている。フルーツの王様と言われているドリアンも売られている。でも、フルーツを売る屋台があまりないところを見ると、インドネシアでは小腹が空いた時にフルーツを食べるという習慣はないのかもしれない。

国際食糧農業機関のデータによると、インドネシアにおける一人一日当たりのフルーツ消費量は約180g。日本よりは多いけれど、世界の平均は200gだから、どちらかというと少ない方だ。

各国の消費量のランキングを見ると、上位に欧米諸国が多いのに気がつく。北米の平均は約275gで、ヨーロッパの平均も約250gと多い。果物を日常的に食べることと、所得の間には相関関係がありそうだ。日本でもそうだけれど、果物は他の食べ物に比べて相対的に高い。所得が高くないと、日常的にフルーツを口にするようにはならないのかもしれない。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11693

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年10月09日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ