橋の上で売られていたガムシロップのような液体

橋の上で軽油を販売する男
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

橋の上で売られていたガムシロップのような液体の正体は軽油だった

道端に唐突に現れた毒々しい緑色の液体が入った瓶。まるでメロン味のガムシロップのようだ。ここはジャカルタ、熱帯の国インドネシアの首都だ。暑い。ガムシロップのような液体を見ると、自然とかき氷が売られているのを期待してしまうが、残念。小さな橋の上にて出ていた屋台ではかき氷は売られていない。かき氷はおろか冷たいものさえ売られてはいない。そもそも食べ物を売る屋台ではないのだ。

この屋台は燃料屋だ。小さい瓶に入っている緑色の液体は軽油なのだ。インドではガソリンがペットボトルで売られているのを目にしたことがあるけれど、ここジャカルタでは瓶で軽油を売るのが慣わしのようだ。この写真の屋台以外にも、町を歩いていると瓶で軽油を売る屋台がしばしば目に留まる。

瓶の並べられた屋台の奥には男が椅子に腰掛けていた。髭を伸ばし、タキーヤというイスラム帽をかぶり、新聞を読んでいる。ラフな格好をしている男はとても危険物を扱っているようには見えない。それも緑色の液体をガムシロップと思わせる要因のひとつだと思う。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11698

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年10月14日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ