町角のチェス

住宅街の町角でチェスをする男
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

住宅街の一角ではチェスに興じている男がいた

のどかな町角にはのんきにゲームに興じる男たちがよく似合う。ジャカルタの住宅街もそうだ。散策していたら、軒先に出したテーブルの上にチェス盤を置いて、チェスに興じているふたりの男がいた。

旅先で町中を歩いていると、暇を持て余している男たちが何かしらのゲームをしているのをしばしば見かける。上海では路上に出したテーブルを囲んで麻雀をしている人たちがいたし、ソウルの公園では囲碁を指している人もいたし、インドではトランプしている人たちもよく見かけた。

中でもチェスや将棋に類するゲームをしている人は多い。古代インドのチャトランガというボードゲームを起源とし、西に伝播したのがチェスになり、東に伝播したのが将棋だ。将棋は様々な国で発展した結果、中国ではシャンチーとなり、朝鮮半島ではチャンギに、日本では将棋になった。それぞれ似ているけれど、ちょっと異なっている。

ふたりの男の前にあるチェス盤を見ると、駒の数からして、まだ勝負は始まってからさほど経っていないように見えた。しかし、左手に腰を下ろしていた男は会心の一手を繰り出したようだ。してやったりの顔をしている。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11694

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年10月10日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ