道端のキオスクでは電子マネーは使えなかった

道端に出ていた昔ながらのキオスク
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

道路脇に出ていた昔ながらのキオスクでは、タバコもジュースも売っていたけれど電子マネーは使えない

ジャカルタ中心部を歩いていて、コンビニを見かけるとは珍しくない。結構な数のコンビニが営業しているのだ。日本と同じように、中にはATMが置いてあってお金を引き出せるし、買い物をする際には電子マネーでキャッシュレス決算もできる。旅好きからすると、電子マネーを世界共通にしてくれれば、旅が一段と楽になるのになあ、と思ってしまう。

そうなのだ。インドネシアのコンビニで電子マネーを使えると言っても、その種類は日本で使えるのとは異なっている。Edyやnanacoはもちろん、Suicaなどの交通系電子マネーもジャカルタでは単なる電子データにしか過ぎない。インドネシアでは、GOJEKが運営するGOPAYやGRABが運営するGRAB MONEYがメジャーな電子マネーのなのだ。

GOPAYもGRAB MONEYも使わなかったので、使い勝手はわからない。僕が使ったのは、Indomaretというコンビニチェーンが発行するプリペイド式のIndomaret cardだった。日本でもそうだけれど、様々なサービスが登場していて、それぞれ使える場所が限られているのではないだろうか。例えば、写真のような道端に出ていた質素なキオスク。昔ながらの屋台で、タバコやジュースを売っていたこの場所では、少なくともプリペイド式の電子マネーは使えなかった。

EN

Indomaretとは?

PT. Indomarco PrismatamaまたはIndomaretは、インドネシア全土に11,000以上の店舗を持つインドネシア発の小売コンビニエンスストアのチェーンである。それはインドネシアのこの種の店の最初で最大のチェーンです。インドマレットはサリム・グループの子会社です。本社はジャカルタにあります。

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11626

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年08月03日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ