道端のキオスクでは電子マネーは使えなかった

道端に出ていた昔ながらのキオスク
インドネシアのジャカルタで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

道路脇に出ていた昔ながらのキオスクでは、タバコもジュースも売っていたけれど電子マネーは使えない

ジャカルタ中心部を歩いていて、コンビニを見かけるとは珍しくない。結構な数のコンビニが営業しているのだ。日本と同じように、中にはATMが置いてあってお金を引き出せるし、買い物をする際には電子マネーでキャッシュレス決算もできる。旅好きからすると、電子マネーを世界共通にしてくれれば、旅が一段と楽になるのになあ、と日々思っているのだけれど、なかなかそうなることはない。どの会社も自分が標準規格になろうとして争っているばかりだ。

そうなのだ。インドネシアのコンビニで電子マネーを使えると言っても、その種類は日本で使えるのとは異なっている。Edyやnanacoはもちろん、Suicaなどの交通系電子マネーもジャカルタでは単なる電子データにしか過ぎない。インドネシアではGojekが運営するGoPayやGRABが運営するGrabPayがメジャーな電子マネーのなのだ。

GoPayもGrabPayも使わなかったので、使い勝手はわからない。僕が使ったのは、Indomaretというコンビニチェーンが発行するプリペイド式のIndomaret cardだった。日本でもそうだけれど、様々なサービスが登場していて、それぞれ使える場所が限られているのではないだろうか。例えば、写真のような道端に出ていた質素なキオスク。昔ながらの屋台で、タバコやジュースを売っていたこの場所では、少なくともプリペイド式の電子マネーは使えなかった。

ENGLISH
2020年8月 町角 インドネシア
飲み物 煙草 ジャカルタ キオスク 出店

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11626

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年08月03日

更新日

2021年05月26日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

ジャカルタで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ