インドネシアの特殊出生率は高くない

携帯ゲーム機で遊ぶ幼い男の子
インドネシアのジャカルタにあるファタヒラ広場近くで撮影 オザワテツ

幼い男の子は親の働く屋台のところで携帯ゲーム機を使って遊んでいた

ファタヒラ広場の近くの歩道には多くの屋台が出ていた。ここジャカルタでは屋台を切り盛りしているのは大人ばかりで、発展途上国のように年端も行かない子どもが働いていることはなかった。日々働いてばかりの子どもに遭遇するとその国の将来を案じてしまうけれど、少なくともジャカルタでは学校にも行けず働かなければならないような子どもはあまりいないのだろう。

写真に写っている屋台で遊んでいた幼い男の子も働いているわけではなく、親に連れられて来ているようだった。親が屋台で働いている間、携帯ゲーム機で遊びながら時間をつぶすのだ。近寄ると、ゲームの邪魔だったからか睨まれてしまった。

親が職場に連れてくるということは、代わりに子守をする人がいないということだ。子沢山の国だと兄弟姉妹が親の代わりに子守しているけれど、インドネシアはそれほど子沢山ではないようだ。

実際、インドネシアの特殊出生率は思いの外低い。2.3で世界平均より少しだけ低い。1970年には5.5であったことを考えると、ここ50年くらいで半分以下になったのだ。半世紀の間に急速に豊かになったのだろう。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタにあるファタヒラ広場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11534

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月20日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ