親指を立てた花屋の男

親指を立てた花屋の男

花屋で働く男が親指を立ててくれた

タイのメークロンで撮影。

薄暗い市場の中をウロウロして時間を潰しても、列車がやって来る時間まではまだあった。僕は再び町の中へと足を踏み出した。地元の人たちは列車の時間など気にはしていない。のんびりと流れる時間に身を任せている。僕も次第にその雰囲気に飲み込まれていった。のんびりと町の中心部を見て回っていたのだった。

そうこうしているうちに、花屋の前を通りかかった。写真の男はその花屋で働いていた。男はのんびりと花束を作っている。手には花束の材料にする大きな葉が握られている。見たところ、バナナの葉のようだ。僕が知らないだけかもしれないけれど、日本の花屋でバナナの葉を見かけたことはないような気がする。タイではお寺へのお供え物にバナナが使われるくらいだから、バナナの葉もタイの人には親しみのあるものなのかもしれない。そして、花束の材料にも使われるのだろう。ちょっと不思議な感じがした。妙な気分になりながらバナナの葉を手にした男にカメラを向けると、男は一点の曇もない嬉しそうな顔で親指を立ててくれた。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10634
撮影年月
2017年9月
投稿日
2018年07月05日
撮影地
メークロン / タイ
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2018年7月 人々 タイ
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP