露天市になっている路地で、誰もいない店先にバナナの房がぶら下がっていた

路地にぶら下がっていたバナナの房
路地で売られていたバナナ
似たような写真

ジャカルタにあるグロドック地区のパンコラン通りを歩いていると、路地の入り口が誘うように口を開けていた。このような入り口を見つけた場合、よほどのことがない限り僕は中へと突き進んでいくことにしている。だから、この時も迷わず中へと入っていった。

路地には小さなお店が立ち並んでいて市場のようになっていて、狭い路地を買い物客が歩いている。買い物客に混じって進んでいくと、右手に青果店があった。活気があるとは思えないお店だったけれど、台の上に売り物がほとんど残っていない。既にあらかた売れてしまったようだ。

商品が陳列されていなければ、お店の人の姿も見当たらない。なんとも不思議なお店だった。軒先からぶら下げられたバナナの房だけが寂しげにゆらゆらしていた。バナナの房がなければ、ここが果物屋だと判断するのも難しい。そう考えると、このバナナは売れ残りではなく、このように吊るすことによってこの場所が青果店であることを無言でアピールするためにぶら下げられていたのかもしれない。

 でコメントする
ENGLISH
2020年6月 食べ物 インドネシア
路地 バナナ 青果店 ジャカルタ

PHOTO DATA

No

11549

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年06月01日

更新日

2023年09月04日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT