物陰から見詰める犬

物陰から様子を窺う犬

犬が物陰からこちらの様子を窺っていた

タイのバンコクにあるパーククローン花市場で撮影。

商品の納入に訪れたトラックが走り去ると、通路は再び静寂に包まれた。日差しは強い。そして、通路に気怠い空気が漂っていることを思い出したのだった。人の姿も見当たらず、通路は閑散としている。僕はこの通路から去ろうとして、ひとりトボトボと歩いていた。すると、視線を感じたのだった。道端の物陰から犬がこちらを見ていたのだった。じっとこちらの様子を窺っている犬からは敵対的な雰囲気は感じられない。おそらくは見慣れない人間がいるので、興味本位で見ているのだろう。僕はちょっと安心した。

旅をしている間に最も気をつけているといっても過言ではないのは犬だ。どちらかというと犬は好きなのだけれど、迂闊には近寄らないようにしている。というのも狂犬病が怖いのだ。日本ではもう根絶してしまったかのような印象のある狂犬病も、海外ではまだまだ猛威を奮っていたりする。何より怖いのはのは致死率が100%ということだ。この犬も可愛らしい顔立ちとは裏腹に、狂犬病ウイルスに感染しているかもしれない。そう思うと、幾ら見詰められても軽々しくは近寄れないのだった。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10579
撮影年月
2017年9月
投稿日
2018年05月27日
撮影地
バンコク / タイ
ジャンル
動物写真
アーカイブ
2018年5月 動物 タイ
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP