格子窓の向こうの犬

格子窓の向こうの犬
タイのバーンレームにある駅で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

二匹の犬が格子窓から顔を出して外を眺めていた

幾ら小さいとはいえ、ここはターミナル駅だ。プラットホームの横には駅舎と思しき建物が建っていた。僕はその駅舎の壁に沿って歩いていた。中には誰もいないかのように静まり返っている。そうこうしているうちに、窓の前へとやって来た。すると、不意に視線を感じる。何かが建物の中から僕を見ているようだ。僕は中を様子を窺うために立ち止まったのだった。

すると、二匹の犬が窓のところに顔を出した。僕を見ていたのはこの犬たちだったのだ。見慣れない人間の出現に、犬たちはちょっと興奮気味だ。盛んに尻尾を振りながら窓の前を歩き回っている。僕に興味津々なのだけれど、幸か不幸か格子があるので僕には近寄れない。格子の間から顔を出して僕を見詰めるだけだ。ちょっと安心した。そういえば、さっき車掌の姿を見たときには傍らに犬がいた。どうやら、ここでは数匹の犬が飼われているようだ。というよりも、僕が駅舎だと勝手に思い込んだだけで、この建物は駅舎ではなく、誰かの住居なのかもしれない。

ENGLISH
2018年7月 動物 タイ
バーンレーム 格子

バーンレーム駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

10662

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年07月24日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

バーンレーム / タイ

ジャンル

動物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ